たこ焼きの作り方レシピ【元プロが教える】

具材

たこ焼きのレシピを知りたい。美味しくたこ焼きが作れるレシピをすぐに知りたい。

このページではあなたの要望に応えます。

このページの内容

  1. 使う材料と使用分量
  2. 生地の作り方
  3. ワンポイント!もっと美味しくする方法
  4. こんなたこ焼きが作れます

店主について

元たこ焼き屋(大阪)で多い時で一日800個以上のたこ焼きを焼いていました。今でも家でたこ焼きを週に3回合計180個ペースで焼いています。

誰よりもたこ焼きが好きです。たこ焼きって美味しいよね!

読んでいる方へメッセージ

たこ焼きの作り方を習得する上で一番大切なのはレシピです。
勘違いを恐れずに書くと、美味しいレシピさえあれば焼き方が多少下手でも、必ず美味しいたこ焼きができます。

料理とは基本的に誰が作ってもレシピ通りの味になるように出来ています。だから、レシピがとても大事です。

美味しいたこ焼きのレシピを用意しましたので、ぜひ使ってみてください。

たこ焼きの作り方レシピ【元プロ特製】

たこ焼き基本レシピ 使う材料と分量(1人分)

  • 水・・・・・・500ml
  • たこ焼き粉・・・100g
  • 卵・・・・・・・・2個
  • 白だし・・・・・30ml
  • だしの素・・・・1/3袋
  • たこ・・・・・足半本分
  • カットねぎ・・・1本分

家だこ特製レシピです。特別な材料は使わずに美味しいたこ焼きを作れるレシピになっています。

最も重要なのは水と粉の量

たこ焼き粉100gに対し水は500mlで卵は1.5個です。(レシピにする際、卵は0.5は繰り上げで換算)この比率を必ず維持して作れば美味しいたこ焼きが作れます。あとはだしを足すだけです。

たこ焼き粉と小麦粉のどちらを使うか

たこ焼き粉はスーパーで売っている「たこ焼き粉」と書いているものならどれでも構いません。

小麦粉(薄力粉)は使いません。小麦粉から作るのは手間がかかる上、配合を間違えると失敗します。(誰でもカンタンに作れるがテーマのため、小麦粉から始める作り方は今回は割愛しています。)

小麦粉からだと山芋を入れたり準備したりで手間がかかってしまいます。

生地の作り方

生地

混ぜる順番

水→卵→白だし→だしの素→たこ焼き粉 です。

  1. 水に卵を入れてしっかり混ぜる
  2. たこ焼き粉を少しずつ入れる
  3. ダマにならないようにしっかり混ぜる

とにかくしっかり混ぜることが大事

それぞれの材料を混ぜる順番も大事ですが、しっかり混ぜることも大事です。コツは粉を少しづつ入れていくことです。焦って一気に入れてしまうとダマになります。注意しましょう。

粉は沈殿するので焼く直前にはもう一度しっかり混ぜてから使いましょう

ワンポイントテクニック!もっと美味しい生地にするには

冷蔵庫

このレシピで作った生地を使ってあとは焼くだけ!もちろんこれでも十分美味しいたこ焼きは作れます。なぜなら美味しいレシピを使っているからです。

しかし、もっと美味しくする方法がまだあと1つあります。

それは生地を寝かせることです。冷蔵庫で一晩で構いません。するとさらに美味しくなります。

水、卵、粉、だしがしっか馴染むことで生地が落ち着き、結果として美味しくなります。「とにかく美味しいたこ焼きを作りたい!」と思う方はやってみて損はありません。おすすめです。

さぁあなたもぜひ美味しいたこ焼きを焼いてください!

こんなたこ焼きが作れるようになります

ソースマヨ

ソースマヨ

ポン酢マヨ

ポン酢マヨ

塩マヨ

塩マヨ

家だこメニュー表

家だこメニュー表

焼き中

焼き中

大玉たこ焼き

大玉たこ焼き